上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
巨人の視聴率低下は朝日新聞の策略が一因となっていると言う話である。

先に宣言しておくが私は生粋の中日ファンであり、巨人には(勝負面で)アンチな側である。しかし、今回はむしろ巨人に同情したいとも思う。私も野球人気低下に悲しむ一人なのである。

数日前、「野球人気の衰退について」と言う文章を書かせていただいたが、その文中で「特に巨人の視聴率低下が顕著だ」と説明した。
では、何故巨人軍の視聴率が低下したのかという話だ。
その理由を最近読んだ「朝日新聞を疑え」と言う本の中に、一理あると思う文章を見つけたので、私なりに説明させて貰う。

単純に言えば、朝日は読売が嫌いなのである。
それは、実販売部数で負けていることに起因する。
現在の販売部数は、朝日新聞が800万部に対して読売新聞が1000万部を突破している。
そしてこの読売新聞の販売部数に大きく貢献したのが巨人軍であった。
昭和期から絶大な人気を誇っていた巨人軍の試合チケットはまさにプラチナチケットと言えるお宝だった、それを読売新聞は定期購読獲得に最大限に利用したのだ。
そのため、朝日はアンチ巨人として躍起になったのである。
朝日新聞の巨人報道は明確で、巨人が勝てば小さな記事、負ければ大きな記事で取り上げる、と、まさに子供が嫌いな子の成功をねたみ失敗を嬉しがるような幼稚さだ。
何としても、巨人軍の人気を下げたかったようだ。
(逆にアンチ巨人の人間には朝日新聞が人気があるのも、そのためである。)

そして、それが時流良く花開いたのが、「一流選手のメジャーリーグ移籍」の頃である。
テレビ朝日、朝日新聞、日刊スポーツは率先して殊更に、日本球界を見限り大リーグへ移籍することを報道した。さらには巨人を金満球団とし、ナベツネ批判を繰り返すことで、朝日新聞お得意の「大リーグ=夢」「日本球界=腐敗」と言う善悪二項対立の図式を作り上げることに成功する

さらにTV朝日では「ニュースステイション」で日本球界非難に終始し、「ジャイアンツが、読売のナベツネさんが牛耳っているんじゃ、将来はないですね」と締めくくらせ、それ以降日本球界を軽視し大リーグ情報を大々的に扱うようにした。

さらに、サッカー人気も手伝い完全に巨人軍人気は低迷し、まさに朝日グループの夢が叶ったといえるだろう。
しかもその一方でその朝日は2002年のWカップのチケットを販売戦略にするために、オフィシャルサプライヤーの権利を取ったというのだから腐っている。


そう言えばと思い起こしてみれば、朝日のアンチ巨人さが色々と出てくるものである。
有名なところで「江川事件」の時に朝日新聞の記者が

「アンタ、阪神入団となったんだからちゃんと阪神のユニフォームを着るんでしょうね!? 安芸市(=阪神タイガースの春季キャンプ地)へいくんでしょうね!?」


と発言し、江川が「興奮しないで」となだめたことを、報道によって悪役のイメージを植え付けた。
また、殊更に巨人を金満主義だのナベツネ批判を繰り返すのはテレビ朝日でありニュースステイションだった。
それは、腐敗企業や金満経営批判などではなく、単純にアンチ巨人による報道であり、アンチ巨人が好むだけ番組のだったことはそれを見ていたアンチ巨人の私が保証する。

毎年、夏の高校野球を報道しているのも、読売に対する対抗心なのだろうか。

今頃TV朝日では日本球界の低迷を嘆いた報道など繰り返しているが、その低迷を殊更に煽り立てて止めもせず悪い方向へ行かせてしまったのは朝日なのである。
なるほど、巨人批判で大いに視聴率がとれたことだろう、今度は日本球界を憂う人を相手に視聴率稼ぎだろうか。
曖昧主義でご都合主義の朝日の意地汚さが目に見えてくるようである。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://motiyaki.blog78.fc2.com/tb.php/9-f7d12213
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 今年の日本テレビの巨人戦中継が、24日の対阪神戦を最後に打ち切られた。この試合
2006/10/18(水) 05:21  ハローお馬ちゃん
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/11/03(金) 05:17 [編集]

>まちゃさん
管理人のみ閲覧と言うことなので、反論もしません。
貴方は「巨人が嫌い」との考えだと感じますが、
その立場でそうお考えになるのは勝手かと存じます。
2006/11/03(金) 11:51 土方 URL [編集]

批判されて当然
ふざけんな
2008/09/20(土) 19:23 巨チン URL [編集]







非公開コメント
プロフィール
 

土方

Author:土方
いつの間にか寒かった。

メール

web拍手
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。