上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
ここ数年プロ野球人気の低迷が囁かれている。
その一つの証拠としてあげられるのが野球中継の視聴率低下である。
特に巨人戦の視聴率低下が顕著だ。

しかし、実のところ野球場に訪れる客の数はそれ程減っているわけではない。
人気球団の客入りは、最盛期の頃の不人気球団などより多い。
つまり、テレビで野球を見る人間が特に減ったと言える。

さて、そこで私の話をさせていただく。
私は野球が好きな人間であるが、ここ数年は周囲の人間宜しく野球中継を見ることはなくなっていた。
当時はそれ程気にもかけなかったが、私も野球を見なくなった人間の一人である。
しかし、私は今年からとあるきっかけにより、また野球中継を見るようになった。

その切っ掛けというものが、

「時間に余裕が出来た。」


である。

私はとある理由により数ヶ月以上休暇を頂いているが、兎に角何もやる必要がない生活をしている。

野球というのは、その特性から考えれば、一々時間に余裕を持って行動できる人が見るスポーツである。
まず、試合全体・一回毎の時間制限がない。
そして、攻守攻守とほぼ同じテンポで9回表裏を繰り返す。
野球中継で見せ場を見るには、長い時間の余裕を持って見続けることが必要なのだ。

さて野球が最盛期と言われた頃は、「オヤジ」が一家に一台のテレビの前で寝っ転がり屁をこいて欠伸をしながら野球中継を眺めていた。
子供は暗くて遊べなくなり帰ってくる、そこで一家に一台のテレビを父親と一緒に見ていたのである。

しかし、野球中継はそのころから殆ど変わりないがない。
単純に言えば世の中が変わってしまったのにも関わらずだ。

一般に野球のファンと言えばオヤジと言われる中年層だが、彼らは朝から仕事に入り夜遅くまで帰宅しない。
野球中継は7時から9時の放送であるが、彼らの多くが野球中継中に帰宅することの方が少ないのではないか。帰宅したとして疲れて食事・入浴も疎かに寝てしまうと言う人たちは多い。
他はどうか?
大学生は暇であると言われるが、実際大学だけならば会社や学校よりも暇だろう、しかし彼らはバイトをしていることが多い。その多くは暇な夕方・夜のバイトである。これも野球中継と重なってしまう。
小中高校生は言うに及ばないだろう、一日の半分を学校で過ごし、その後には塾があり、帰宅した後も宿題と言う必要な行動が課せられている。
もはや、世はなべて過密労働になったである。


そうなるとどうなるか、短い時間で刺激を求めようとするのである。
それによって、スポーツはニュースで結果が分かれば良いと言う人が出てくるのではないか。
また、それが、いつから見ても直ぐに笑えるバラエティの台頭になったり、手軽なゲームの流行に繋がっていると私は考える。
何でもかんでもインスタントに受け取れることが重要になってきているのではないか。
他人は知らないが、勿論私としては別段それが悪いとは考えないし、そう言う生活が現代社会の基盤となっている。
となると、野球中継が視聴率が低下するのは当然ではないか。

以上が、まず野球の人気低下に対しての私の考察である。

以下、私の考察から野球がすべきだと考えること。
現代の生活習慣の方を変えさせるのは無理というものである。
ならば、野球中継を今の時間で続けても視聴率が上がることはないだろう。
野球中継はファンのために深夜帯に放送するのがよいのではないだろうか。
しかしその場合は野球中継での収入を見込むのは止めて、野球場に足を運んでもらえるファンからの収入によって黒字を見込む方が良い。
野球場に足を運ぶファンというのは、デイゲームだろうと時間を見つければ来て貰えるファンである。
そこで、デイゲームを増やし一日二試合など試合数を増やし、その代わり入場料を減らすと言うのは如何だろうか。(選手の連続試合出場は止めさせた方が良い。)

勿論私は球団経営などしたことがないので素人考えであるため、結論として出した方法が良い手段だという自信はないのであしからず。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://motiyaki.blog78.fc2.com/tb.php/7-9005ba34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

土方

Author:土方
いつの間にか寒かった。

メール

web拍手
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。