上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
説明 | 2008/02/24(日) 03:05
本当に、希に散見する勘違いについて、何となく気になったので書いておく。
副流煙の健康被害についての勘違い。
別段副流煙の受動喫煙に害があるかないかとかそんな話ではなく。
まあ、あったとしてで話してる人達の変な勘違いを一つ。
「煙草は主流煙は副流煙の方が悪いから周りの人の方が健康が悪くなる。」
こんな勘違いをしている人は殆ど居ないが、希にいるので書いてみようと考える。

まず主流煙と副流煙について。
主流煙とは煙草を吸ったときに煙草を通っていく煙であり、副流煙とは煙草を吸っていないときに煙草の先端からでる煙である。
主流煙と副流煙では、煙草の本体による濾過の有無、不完全燃焼(※煙草を吸うときの方が酸素が供給されるので完全燃焼しやすい)であるかどうかの問題で、副流煙の方が二酸化炭素以外の物質が含まれやすいと言うのは事実である。

そのため、巷にあふれる言葉として「副流煙の方が健康に悪い煙である。」と壊れたレコードのように流れてくる。

これを聞いて全く愚かしい話だと思う人は私以外にも大勢居ると考える。
この言葉はとある重要な要素を見落とした情報なのだ。
例えば、工場の煙突の先で物質の検出調査をして「この空気を吸い続けると病気になる。」
例えば「エンジンのかかった車の排気口でずっと息をしていれば健康に悪い。」
そう言うようなものだ。

詰まりは何が言いたいかと言えば、その言葉でいう副流煙を吸う人とは。
副流煙


つまりこういうことである。左の人が主流煙を吸い、右の方の人が副流煙を吸う。
これは受動喫煙ではなく能動喫煙だと感じるのだがどうなのだろうか。

煙というか、物質というのは拡散する。目に見えずとも物質は運動しており、物質同士でぶつかり外にはじかれていくからだ。密度の濃いところでは頻繁に衝突し結果的に密度が均一になっていく。
時間がたった煙であればあるほど、拡散し濃度の薄まった煙である。
さらに言えば、煙は周りの空気より温かいため上へ向かう。意図的に人間の口に向かって移動したりはしない。
例えば、対面に座った人の手元に煙草があったとして、その煙草からでている煙はどれだけ薄まっているだろうか。
受動喫煙で吸う副流煙というのは、正確には部屋で煙草を吸って充分時間がたったときの部屋の空気に含まれる物質の量であるべきだろう。
煙草の先端の煙をとって濃いの薄いのを騒ぐのは兎角馬鹿馬鹿しい。

以前、テレビでとある町の環境被害と言う特集を組んだ映像を見せられた。工場の排水を排出口で直にとり検査し「こんな水が、住民の口に……」などと絶句していた。
本当に住民が口にするのは川で何十倍にも薄まりさらに浄水した水道水であるが水道水は全く調べなかった。
マスコミは往々にしてこの手の意図的な報道を繰り返す。
「太陽は5000度です、この熱が地球の全ての人間に……」
太陽のせいで私達は焼け死ぬのだろう。

副流煙というのは吸っていないときに出る煙なので、とうぜん喫煙者も吸うのである。煙草が近いところにあるため、とうぜん喫煙者の方がより吸いやすい。
さらに喫煙者は主流煙も吸う。
「副流煙の方が健康に悪いから周りの人の方が体が悪くなる。」
等というのは、どこから出てくる妄想なのか。
少しは自分で考えてみてもらいたい。


蛇足として。
副流煙を調べているときに、「副流煙はアルカリ性で主流煙は酸性。アルカリ性の方が刺激が強いんだ。」等と意味不明なことが書いてあるサイトがあった。
それはともかく、「副流煙はアルカリ性!」を強く押しているサイトが色々見られた。
主流煙が酸性、副流煙がアルカリ性、と言うのは、主流煙にも副流煙にも二酸化炭素とアンモニアが含まれる。
主流煙の場合、アンモニアが少ないため水に溶けたときに二酸化炭素の酸性が少し出るが、副流煙の場合アンモニアが多くなるために水に溶けたときにアルカリ性を示す。
煙がアルカリ性、酸性というのは本来間違っているのだが、そういうことである。
だからといって、何がどうということもない話のはずである。

酸性が良くてアルカリ性が悪いなどということは全くない。
人間の体は弱酸性で、胃は酸性だ、などといって酸性の方がましなんてのはない。人間の体はそれこそアンモニアを作っている(肝臓で尿素に変えるが。)し、体液は弱アルカリ性だ。
酸性水溶液を浴びれば細胞は壊れるしアルカリ性水溶液を浴びれば蛋白質は溶ける。

それに、そもそも、酸も塩基も水素イオン濃度の問題であって相対的なものだ。
問題なのはその水溶液と触れたところのpHの差が問題なだけ。
副流煙を強いアルカリ性などと紹介しているサイトもあるが、アンモニアの水溶液は比較的弱いアルカリ性である。
坊主が憎けりゃ袈裟まで憎い、主流煙と副流煙の違うところはなんでも憎い。こういうのをなんというのだったか、似非科学だったか。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://motiyaki.blog78.fc2.com/tb.php/35-41ec5ad2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

土方

Author:土方
いつの間にか寒かった。

メール

web拍手
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。