上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
昨今、自民党の中川政調会長および麻生外務大臣が「核保有議論」を「容認」する発言をしたことに対し、新聞など報道機関が騒いでいる。
民主党などの野党は、外務大臣の更迭や阿部総理大臣の任命責任を問う構えも見せているらしい。

私なりに、この事件のあらましを述べさせていただく。
・北朝鮮の核実験が行われ、日本の国防について議論が高まった。
【中川政調会長は「核武装反対」の立場であり、「非核三原則」を変えるつもりはないと発言しているが、「核保有議論」は「必要あり」と述べている。】
【麻生外務大臣は「核保有議論」自体を禁忌ではないかとする考えに、「言論を封鎖する考え方にはくみしない」と述べている。】
中川政調会長の発言を矛盾しているかのように感じる方もいるかも知れないが、「核保有議論」というのは「保有する方が良いか良くないか」と言う「議論」であり
そして『議論』というのは反論と賛成があって初めて成立する、つまり『議論』には「保有しない」立場で「保有に反対」として参加する人間は当然居る
両論なければ、それは議論ではなく検討である。
勿論、この世には、
「議論するまでもなく反核兵器。」
「核兵器保有が良いか悪いかの議論さえも愚か。」
と考える人もいるだろう。

しかし、この世には、逆に
「日本も核兵器を保有すべきだ。」
と考える人もいる。
貴方がそれは悪だと考えようと、それは仕方がないのだ。

人間は皆同じではない。
それぞれに違った考えがあり、違った善悪がある。
それは存在する以上、存在は認めなくてはならない。

それでは、『「日本も核兵器を保有すべきだ。」と考える人』がこの事態でどう考えるかである。
北朝鮮が核実験をしたことで、日本の国防が危ういと考える。
ならば、「今こそ核兵器を保有すべきだ」と考える割合は高いと言える。
「核兵器保有」に賛成しない(否定もしない)人間も、この事態では、否定的な見解を弱くしてしまうだろう。

この事態で核保有の意見が強くなるのは確かである。

では、そのような意見にどうする?

そもそもが、「核兵器保有すべし」という人間なのだ、「駄目だから駄目」「核保有議論自体タブーだ」では納得しない。
もし、ここで議論さえも禁忌として抑圧したままだとしよう。
彼らは自分たちが正しいと考えている。
彼らが、一つの政治信条として纏まり「革命だ」と「天誅だ」とクーデターを起こす可能性はあるのではないか。

クーデターは行き過ぎだとしても、例えば加藤紘一氏の自宅を放火したような事件が起きてしまうことは往々にあり得るだろう。

議論さえもせずに、意見を封殺したままでは危険だ。
だからこその『今こそ議論の必要性あり』なのだ。


核保有には危険性やその不利益性などが当然ある。
核保有すれば天国になると言うことは絶対にない。
両者が大いに議論をして、納得することは大事なことだ。

「核保有すべし」という人間が、「反核兵器」になる可能性は低いだろう。
しかし、「今は核保有の時ではない」という納得は話し合えるのではないか。


ある意見を封殺する、禁忌とすることは危険なのだ。


新聞などの報道や野党からの意見で以下のようなものがある。
「政府の要人が諸外国に誤解を招く発言すべきではない」

さて、しかし、中川麻生両人の発言で誤解した諸外国の反応はあったのだろうか。
北朝鮮の核実験で「核ドミノ」として危惧を示した国はあった。
しかし、「核保有議論の必要あり」で誤解したと言う報道がなされたのだろうか。
騒いでいるのは報道と野党である。
しかし、その報道と野党が騒ぐ原因としているのが諸外国である。

………………………彼らが騒ぐ原因はどこに存在しているのか。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://motiyaki.blog78.fc2.com/tb.php/17-7099f852
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

土方

Author:土方
いつの間にか寒かった。

メール

web拍手
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。