上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
先日、富山県で発覚し、全国の高等学校で発覚が相次いでいる「卒業必修単位履修漏れ」が問題になっている。
この件について、私が在校していた母校も履修漏れしていたと記事にされた。
思い出すに、確かにそのようなことがあったと自覚している。

母校では二年時に文系と理系を分けたが、理系クラスにおいて、世界史、日本史、地理は受験において一科目しか試験を受けないとして、そのうち一科目のみを選択し必修のもう一科目は同様の成績として判断されると言う、「抱き合わせ」と言う学校主導の故意の履修漏らしである。

私として、そのような状況を甘んじ卒業したことに関して自省し、その他高校において、指導案通り卒業した方々に対し面目なく感じる。

さて、我がことでもあり、興味があったため、母校に電話して事実を確認した。
録音できれば良かったが、録音装置がないため、メモした箇条書きと記憶から書くため正確でないことを断っておく。
質問は事前に尋ねる内容を書き出しておいた、以下の十項目である。

1.ニュースで履修漏れの高校として名が出たが事実か。
2.いつから履修漏れをしていたか。
3.どのような履修漏れであるか。
4.何故行ったか。
5.履修漏れをせず正しく行った場合大学進学率は下がるか。
6.現在在校生は卒業できるか。
7.補習は行うのか、行うとしてどの時期に行うか。
8.今後は履修を正しく行うのか。
9.履修漏れ期間の卒業生を卒業生として認めるか。
10.卒業生が望んだ場合、履修漏れの授業を受けられるか。


この中で、私的に最も興味があるのが10番目の質問である。
私としては、余裕があれば授業を受け履修漏れを補いたい、勉学として興味もある。
以下電話内容。

<K高校(以下:高)>はい、K高校です。
<私>今晩は。私は卒業生のものですが、ニュースで履修漏れとして名前が出されていましたが事実でしょうか。
<高>はい、ええっとですね………世界史ではA単位とB単位がありますが、これを区分せずに授業していたわけですが、教育委員会から未履修と認定されたわけです。
<私>なるほど、卒業として認定されないということでしょうか。
<高>それはですね、未履修はとりあえず今年だけと言うことでして、過去に遡るかどうかは、まだ決まっていません。
 少し私では答えられませんので、ただいま、教頭が保護者に説明会を行っていまして、終わり次第ご説明いたしますので卒業年度とお名前とお電話番号をお願いします。
<私>平成十×年度卒業××(以下:土方)です。電話番号は~
(卒業年度と名前を聞かれた意味は分からなかったが答えてしまった)
<高>では、折り返しお電話させていただきます。
<私>分かりました。

数十分後。

<教頭(以下:教)>今晩は、土方様でしょうか?
<私>はい。
<教>大変お待たせいたしました。我が校の卒業生と言うことですが、卒業と認められるかと言うご質問で宜しかったでしょうか?
<私>少し待って下さい。
(メモとペンを取り出す)
<私>お待たせしました。卒業と認められるか以外にも聞きたいことがあるのですが宜しいでしょうか。
<教>はい。

(以下、項目への回答として纏めた)

1.ニュースで履修漏れの高校として名が出たが事実か。
<教>事実であり、申し訳なく考えています。

2.いつから履修漏れをしていたか。
<教>こちらで確認したところ平成十×年卒業の年度までは確認できました。(私が卒業した年度であり、やられたと感じた。)
<私>つまり、私の年度から始められたと言うことでしょうか。
<教>えっとですね………、当時の職員が十×年度までは居まして……確認した結果そこまでは確認できたというわけです。

3.どのような履修漏れであるか。
<教>土方様の時はどのような履修漏れだったのでしょうか
<私>私の時は、世界史と日本史と地理の一科目を選び、他の科目に関しては同じ成績とすると説明されました。教科書も買うように指示されました。
<教>なるほど、そう説明されたわけですね。
<私>今も同じでしょうか。
<教>ええっとですね、世界史のAとBがあるのですが、世界史AとBを同じ授業として説明しBだけを授業を行っていました。

4.何故行ったか。
<教>ええっと、それはですね……何故始まったのでしょう……………大学の試験対策や学生の負担を軽減するためなどだったかも知れません……。
<私>平成十×年度から始めたとすると、丁度週五日制の頃からですね、授業時間数が減ったことが関係あると言うことでしょうか。
<教>そうですね、それもありますし、センターの負担が増えたことや、試験として使わない科目であることということがありまして………色々と………。

5.履修漏れをせず正しく行った場合大学進学率は下がるか。
<教>ええっとですね………、何とも言えませんが……通常のカリキュラムでは大学進学の力をつけるのが難しい訳ですね。
<私>つまり、それは高校のカリキュラム制作や教師の力量が劣っているために、普通のカリキュラムでは大学進学に無理があると言うことですか。
<教>あ、いえ………そういうことではなくてですね、先ほども述べましたように、生徒の負担や試験の負担が増えたためにですね………通常のカリキュラムでは難しいと……。
<私>しかし、他の高校では履修漏れしていないわけですよね。K高校は不正しなければ大学進学が出来ないと言うことですか。
<教>いえ、大学進学と言うだけでなく、生徒の………………………ですね………………………
<私>負担軽減が目的であったと。
<教>はい。
<私>確かに負担軽減には感謝するところがあります。
<教>ありがとうございます。

6.現在在校生は卒業できるか。
<教>これは文科省が様々な調査をしている最中でありまして……全国の高校で発覚しているわけでして………それも含めてどうなるか動向を見守っている最中でして………今現在私たちの方からはお答えできないです。
<私>K高校としては、卒業させないや卒業させたいと言う意志は示さないのでしょうか。
<教>ただいま文科省が調査中ですので……その見解が出るまでは………。
<私>K高校としては、意見書や要望書を出さないというわけですね。
<教>そういう高校もあるようですが、私たちは県立ですのでそういうことが出来ないわけでして……………。
<私>つまり、文科省の決定を待つだけというわけですか。
<教>そうですね………。
<私>K高校としての意志は「示さない」わけですね。
<教>はい………………………。


7.補習は行うのか、行うとしてどの時期に行うか。
<教>勿論足りない時間数を補う必要があります。これは今まで世界史Bとして教えてきた通常授業の中でAの授業と区別して補う形で授業していきたいと考えていますが、時間数が足りず必要であれば補習という形で補うことも考えています。
<私>補習はいつ行うことになるのでしょうか?
<教>それはですね……保護者とも話し合いましたが、保護者の方にも「試験前に補習をして欲しい」と言う方や「1時でも2時でも良いから補習して欲しい」と言う方……色々な意見がありまして……後日生徒にも説明をして……色々な意見を聞いて………
<私>意見を聞いて纏めると。
<教>はい、一番良い方法を考えています。

8.今後は履修を正しく行うのか。
<教>はい、勿論です。

9.履修漏れ期間の卒業生を卒業生として認めるか。
<教>勿論生徒には責任はないわけですが、文科省の方で審議中でして……また他の高校でも過去まで遡ると十数年前というはなしにもなりますし………。
<私>K高校として認めないと言うつもりはない、と。
<教>生徒には責任はありませんし、既存の利益を失わせることはしないです。

10.卒業生が望んだ場合、履修漏れの授業を受けられるか。
<教>これはですね、文科省として審議中ですので………何とも答えられないのですが……土方様としては、受けられるなら受けたいでしょうか?
<私>そうですね、余裕があればですが。私としては授業料も払っているのに学んでないわけですし、学べることなら興味があります。
<教>そうですか、分かりました。


以上である。
対応としては誠実で好感が持てた。

教頭は何故始まったかは当時の人間が居ないため分からないという答えに終始していた。この点はこの教頭ではしかたがないとは考える。
しかし何故続けていたのかを聞くべきだったことを失念していた。何故不正を続けていたのか疑問が残る。

また問題の張本人であるにもかかわらず、ことある毎に「文科省が調査中」として対応を先延ばしにしているのが分かった。
責任の所在として対応を打ち出すことはなく、文科省や保護者の出方待ちというのが、問題を行った本人としての自覚が足りないのではないだろうか。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://motiyaki.blog78.fc2.com/tb.php/15-4e2e9429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

土方

Author:土方
いつの間にか寒かった。

メール

web拍手
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。