上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
色々とウェブサイトを見回ったり、個人的に友人と対話したりするとき、まれに
「ああいう、群れる人は嫌い。」
「お前ら、群れないと何も出来ないんだろw」
等と言うことを本気で侮辱の言葉として使う人がいる。
また、それを侮辱と感じる人がいたりする。

複数人で何かをすることを、何故恥じることがあるのだろうか?
なるほど、一人で何かをなすことは格好が良いかも知れない。
だが、勿論何事も一人よりも複数人でやった方が苦労は少ない。
一人でやるよりも複数人で行った方が失敗も少ないだろう。
三人寄れば文殊の知恵という言葉もある。
そして、やはり、一人よりも二人の方が楽しい。

群れるのを侮辱と考えている人は、何でも一人でしたいのだろうか。
それはそれで格好が良いが、酷く苦労するだろう。
私としては、絶対にごめんである。
何事でも大勢で出来るならば、頭を下げてでも協力をお願いしたい。

よくよく、群れることを侮辱されるものに、珍走団や不良が対象になるが、群れることに何の問題があろうか。
(無論、珍走団が道交法を犯したりするのは問題。)
誰だって、同好の人間と一緒にいたいと思うのは同じだ。
それがバイクツーリングでもサークルを作って集まる。
格闘選手も格闘団体を作り集まる。

私は、集まると言うことを、非常に人間的で知性的な行為だと考える。
群れようが群れなかろうが、自分のやりたいことが出来なければ無意味である。
それを達成するために、人数を集めると言うことは至極知性的だと考える。
「私は群れない!」と一人の強さを誇ってどうするのだろうか?
私には、周りと協調できない人の強がりや羨みにしか見えない。

それとも、自分が凄いと信じている誇りがあるのだろうか。
どちらにしろ、子供のようだと感じる。

それ故私は、「大勢で行うこと」を侮辱する人間を見ると、酷く寒い気持ちを持つ。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://motiyaki.blog78.fc2.com/tb.php/1-e3bfb2d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

Author:土方
いつの間にか寒かった。

メール

web拍手
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。