上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
まず、「無断でページ単体へリンクされて困ったこと無い?」と言うアンケートらしいのでこれに答えておく。
私はない。
ページ単体だろうがトップサイトだろうが、無断リンク自体で困ったこと、その派生で何か被害を受けたこともない。

さて、ことの始まりは
とあるサイトがニュースサイトで取り上げられていたため、
私が閲覧したところ随分と辟易したことからである。

問題のサイト。↓

Yoko's Room

Yoko's Blog(リンクするなとの主張なのでURLだけ記載する)
http://yokosblog.blog77.fc2.com/blog-entry-36.html
http://yokosblog.blog77.fc2.com/blog-entry-50.html

ネットウォッチ掲示板


Yoko氏とUK氏のチャットログ



見るならブログを見る方が良い。
そちらの方が、管理人の人となりが分かりやすいと判断する。
本来ならば、チャットのログが全て公表されてから書くべきであろうが、それまで私の興味が続いているか自信がないため書かせて貰う。

さて、彼(男女の表示がないため「彼」とさせていただく)の主張は下記のようなことである。

私は、
無断でリンクを貼られたせいで、
荒らしや不正アクセスの被害にあった、
正真正銘の被害者なんだ!
そういう人の気持ちも考えて行動しろ
(中略)
如何わしくないサイトやブログから、
TOPページにちゃんと貼れ!



掻い摘んで言えば、
「以前無断リンクで酷い目にあったので、各ページへの無断リンクはお断り。リンクするならトップページにして頂きたい。(トップページは無断でリンクしても良い。トップページへは連絡のうえリンク)」
と言うことになる。



Yoko氏の立場

さて、彼が何故こういった主張をしているのか、それを考察してみる。
彼の発言を洗うと2点の特徴的な考え方が浮き出てくる。

彼は「私が管理しているサイトは私の家である。」と考えている節がある。家、つまり自分の領土と言うべきか、自分の言葉が絶対と成る領域。「管理人は絶対神」。と考えているのではないだろうか。
もう一つ特徴的なことは、彼には「ネットマナーは絶対に守らなくてはいけない存在」と言う考えがある。「相手の嫌なことをするな」信仰と言い換えても良い。マナーとルールを同一視している節があるのだ。


今回の問題の場合、この2点が彼の態度の理由だろう。
つまり、「トップページ以外の無断リンクは絶対者の私が駄目だと言って、さらにマナー(ルール)違反、なのにそれをする奴らは悪だ」と言う結論になるわけである。
(まるで、バリアーと叫んで「バリアーしたから触れないんだぞ」とか言う子供のようではある。実際には障害がないので触ると「触っちゃいけないのに触るなよ!俺の気持ち考えろよ。」と泣き喚くのだ。)
仮に話し合うならば、この2点の意見の齟齬を突き詰めなければ、彼とわかり得ることはないだろう。
(まあ、彼と分かり合うつもりでネットウォッチしている人間など居ないだろうが。)
「何故無断リンクがマナー違反か」と言うことは興味深く、次回のチャットログで語られるらしいが、所詮枝葉の問題である。

仮に、無断リンクがマナー違反ではないと考え直そうと、彼が、何か嫌なことをネットマナー違反だと感じれば、また同じような態度に出ることは容易く想像がつくことだ。



私の立場。

次に私の考えだが、
彼の主張は、まあ、私からすれば「勝手にすれば良い」と言う考えである。
彼のサイトに私がリンクすることは今後無いだろうし、彼の主張は主張する分には勝手だろう。
ただし、何を叫ぼうが何を主張しようが、リンクからの来訪者をトップページに転送する工夫でもしない限り、リンクはされるだろう。

主張するだけなら自由だが、主張するだけでは何の拘束力もない。

まあ、実のところ、これはそれで終わりの話題である。
無断リンクする方・無断リンクを拒否する方、どちらが正しいと言うことはない。
どちらが正しいかは主観の問題なので結論が出ないのだ。
無断リンクをしようと犯罪ではないし、それを嫌って非難しようとそれは自由だ。

結局、するかしないかは「ネットマナー」の問題。ということになるのだろうが、ネットマナーなんて人それぞれで考え方が違う。所詮は答え無しだ。

もし彼に何か言うとすれば、「嫌がることは人それぞれ違う」「マナーはルールではない。」位だ。
まあYoko氏は自由にすれば良い、後は優しいネットウォッチャーが指導してくれるだろうさ。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://motiyaki.blog78.fc2.com/tb.php/10-4a6e2b10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
マナーはルールじゃない。 http://motiyaki.blog78.fc2.com/blog-entry-10.html ルール=守るべきもの。 マナー=その世界で常識とされている振る舞い=文化。 無断リンク禁止はこうした結論に落ち着いているようだ。 それとは別に、なぜ彼女(YOKO(tinycafe)氏)が無断リ
2006/10/19(木) 17:11  rynoath - mind log
 いやはや、考えをまとめて書こうと思っているうちに酣すぎた感が。  話題に触れてない方に説明しますと「うちのサイトはTOPページ以外にリンクすな!」とか「無断リンクしてくれんナ!」というような過剰な反応(そういう反応をする人)について、はてブを主軸に盛り
2006/10/24(火) 11:25  袖ふれあうも by yukkie
コメント

Aboutの全体利用規約によると、トップページでもリンクを張ったら必ずメールで報告しなきゃダメみたいですよ。(TOPページのみ完全にフリーってのと矛盾してる気がしますが)
2006/10/19(木) 12:02 名無し URL [編集]

>名無しさん
なるほど、これは勘違いでした。
情報ありがとうございます。
彼のブログ、2006/10/17 13:03においての記事で「大体がリンクフリーと称されるのはTOPだけだっつの。 」と叫んでいるのでトップページはリンクフリーかと判断しましたが、彼の中では、「大体が~」は「一般的に~」等と言う意味なのでしょうね。
2006/10/19(木) 12:14 土方 URL [編集]

いや、Yoko氏本人もAboutの「リンクについて」ではTOPページへのリンクは完全にフリーと名言してます。
でも特定人物の非難や誹謗中傷を行っているサイトからのリンクはお断りだそうですし(Yoko氏に対する正当な批判も下手をすると誹謗中傷と受け取られるかも)、リンクを張った場合には必ずメールを送らないといけないそうです。
個人的にはとても分かりにくいリンクポリシーだと思います。
2006/10/19(木) 19:35 名無し URL [編集]

ふむ、なるほど、ありがとうございます。
確かに分かりにくいです。
aboutを目を通しなおしましたが、
トップであり、メールをしておけば、許可不許可関係なくリンクを張って良いと言う意味でのリンクフリーなのでしょう。

まあ、事後ですがリンクのメールでもしておきます。
2006/10/19(木) 19:46 土方 URL [編集]







非公開コメント
プロフィール
 

土方

Author:土方
いつの間にか寒かった。

メール

web拍手
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。